スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8mm上映レポート② 『!8 日常の境界』ニューヨーク上映

8mm上映レポート②

『!8 日常の境界』ニューヨーク上映 


 文:横江れいな



ロサンゼルス上映に引き続き、5月7日にニューヨークのブルックリンで
『!8日常の境界』プログラム上映が行われました。
今回のNY上映ではプログラムに2017年制作のの3つの新作を加えての上映。
海外で初公開ということで不安と期待感を募らせて上映を迎えました。

主催はブルックリンを中心にフィルムの上映やワークショップの活動をしているmono no aware
 http://mononoawarefilm.com


NY1.jpg



観客はmono no awareの活動に以前参加したことのある人や作家が多い。

mono no aware代表のスティーブとキュレーションの石川亮による挨拶が終わり上映が始まります。


NY2.jpg



スーパー8の規格が主流の海外の観客にはフジのシングル8ならではの
多重露光の表現が印象深く感じられたようです。

上映後には石川亮、横江れいな、宮本尚昭の3名の作家によるトークを行いました。


NY3.jpg



会場から出た質問は、日本でのベテランと若手作家間の交流についてや、
被写体となる自然と都市に対しての意識、映像他の芸術分野からのインスパイアについてなどで、
制作上のことに大きな関心を持ったようでした。

イベント後にはmono no awareのメンバーにNYでのフィルム制作の話を伺い、
互いの制作と活動について知ることができました。

今回フィルムに携わっている多くの方と知り合い、話を聞けて本当に有意義な機会でした。
現在8ミリフィルムの存続が危ぶまれる反面、制作に対しての前向きなDIYの姿勢は
日本でも海外でも変わらないということを強く感じました。
来るフィルムの復活にも増して、そうした姿勢を貫く仲間が各地にいるということこそが
8ミリの明るい行く末を示していると思いました。


~イベント基本情報~

2017/5/8(日)19:00~
Everyday Boundary - Connectivity Through Cinema w/Ryo Ishikawa
@Center for Performance Research

【上映プログラム】
「センター☆センター」徳永彩加
「3分56秒のモラトリアム」ムラカミ ロキ
「SHIBUYA X」NAGAO
「Park 4 Nicole」新宅 謙吾
「新しい夜」清成晋太郎
「あす、満ち欠ける」 宮本 尚昭・山 ミヤエ
「CHimchee」新井潤
「under current 」石川亮
「おともだち」早見紗也佳
「あおな」横江れいな
「影をなめすと」日景 文雄


8mm上映レポート①『ORDINARY SCENES AND RECURRING DREAMS』L.A上映

8mm上映レポート①
『ORDINARY SCENES AND RECURRING DREAMS』L.A上映


文:早見紗也佳



2017年4月29日
ORDINARY SCENES AND RECURRING DREAMS:Recent 8mm Films From Japan


会場:エコーパークフィルムセンター(echo park film center)

(http://www.echoparkfilmcenter.org)

LAを中心に、8mm16mmフィルムの撮影・現像のワークショップ、
教育映画の貸し出しや上映などを行う、非営利団体。

19182060_1353140508114950_2100125685_o.jpg


19182093_1353140658114935_1135718522_o.jpg


19204866_1353140498114951_1058508951_o.jpg





会場のEPFCは壁にはずらっと教育映画フィルムが並び、
DVDが並び、映写機やカメラなどなど、、、多くのもので埋め尽くされています。
いくつか、Tシャツや缶バッチなどオリジナルグッズもあり、
こころときめく素敵なスペース。


19238294_1880467892215168_224546932_o.jpg





キュレーション:西川智也 氏
(http://tomonarinishikawa.com/)


フジフィルムのシングル8、コダックのカラーリバーサルフィルムの生産終了してなお、
フィルムでの制作を続ける日本人作家にスポットをあてた8mmフィルムのプログラムです。


以下、上映作品と作家名。



『Wiggle』Haruka Mitani
『Tide』 Naoki Miyamoto,Miyae Yama
『On the Shore』Ryo Ishikawa
『A Dream of smoke Is』Madoka Kobata
『Spinning Light』Kayako Oki
『Water-soluble Doze』Masaharu Oki
『Tanning the film』Akio Hikage
『Drift』Ryo Ishikawa
『Vanitas』Yuriko Sato
『In These Days』Sayaka Hayami
『Fire Balls』Shintaro Kiyonari
『For Life:Plum,Bamboo,and Pine』Junhou Arai




19125525_1880467908881833_1386769597_o.jpg


司会進行は西川氏。

上映作家として、石川亮、早見紗也佳の2名が参加しました。






19204820_1880467878881836_1997877117_o.jpg


上映設備は、
映写機:ELMO GS-1200。

EPFC所有の映写機で、アメリカで持っているところは珍しいのだそう。
音はデジタル別出しでの上映を行いました。



上映会のイントロダクションとして、
シングル8の説明から始まり、
今現在の日本人作家が置かれている制作環境を西川氏が説明。


その後、
1時間程のプログラムを上映。

作家を踏まえてのトークへと移りました。



西川氏、石川、早見で、上映作品の説明や、制作方法について。

シングル8のカートリッジにスーパー8を詰め替えての活用や、
現像所が限られる今、自家現像を選択することについてなどの話をしました。


会場からは、
使用カメラや、フィルムでの制作を始めた経緯、
作家同士の出会いの場についての質問が出ました。



いくつかの質問後、
上映会はおひらきとなったのですが、


今回、このLAでの上映を振り返って感じることは、
「コミュニティ」の大切さです。

フィルムに携わっている方から、フィルムとは縁のない方まで、
客層はバラバラだったのですが、
だれでも受け入れるアットホームな居心地の良さや、
会場全体の、仲間意識のようなものを強く感じました。


EPFCのような、開らかれた「場」の大切さを実感し、
場を作り上げるスタッフのマンパワーにあてられるばかりでした。



上映後も話は尽きず、

片付け終わった会場では、おもむろに現像会が始まり、

スタッフによるマルチスクリーンでの新作お披露目会もおこなわれ、、、


あっという間に夜は更け、

いつまでも名残惜しい、
上映会の1日でした。


19181754_1353140281448306_267665821_o.jpg


19204971_1880467882215169_990026246_o.jpg







以下、余談。




余談①:今回の経緯



そもそも個人的な話なのですが、

EPFCは、
2016年6月にBLUM&POEで行われた、
エコ現像ワークショップに飛び入り参加して、
初めてコーヒー現像を体験させていただいたことで知りました。

コーヒー現像は、
市販の現像液の代用にコーヒーを使用します。
コーヒーに炭酸ソーダー、ビタミンCを加えることで、エコな現像液を作成。

ワークショップは、映画タイトルの撮影(本編はすでに撮影済み)から現像、
タイトルを本編につけて、生演奏付きの上映会まで。

完全暗室の中、水浴、現像、停止、定着をへて、
コダックのTri-X(モノクロリバーサルフィルム)をネガ現像しました。

黒がしまっていて、綺麗な現像の仕上がりだったのを覚えています。
コーヒーあなどれません。



また、

今回キュレーションしてくださった西川さんとは、
2016年冬のUPLINKでの上映会『ヒカルオンナvol.2』でのゲストキュレーター。

そこでの上映作品をこの度LAの上映会で、とお話をいただきました。



ご縁にご縁が重なり、
1年経って今回、今度は日本からLAのEPFCへ。

まさか彼らのホームでの上映会に参加し、再会できるとは思ってもみなかったのです。







余談②:上映会前日


EPFCで
Paul Clipson氏 (https://vimeo.com/user2911089)の上映会に参加。


多重撮影、イメージの反復による8ミリ、16ミリ作品の上映。

カラーもモノクロフィルムも隔てなく、
また違和感を持たせないスタイルに非常に惹かれました。



その日の懇親会は、近所の元映画館の建物だったという飲み屋さんに。

建物の跡がしっかり残っており、
飲みの席から映写室跡、またスクリーンがかかっていた壁がわかる内装。
(そしてお店自体、クラフトビールの数がとても多くて、とても美味しい。。。)


LA全体の感想として、
少し歩けば、何かしら映画にぶつかるそんな都市。さすがハリウッド。






余談③:L.Aの8mmフィルムの販売・現像


・Spectra
(http://www.spectrafilmandvideo.com)
8mm、16mmフィルムや編集機材の販売、現像サービス、スキャニングサービス など


・Pro8mm
(https://www.pro8mm.com)
8mm、16mmフィルムや編集機材の販売、撮影機材の販売・レンタル、スキャニングサービス など



現行生産のKodakのフィルムはもちろん、
Agfaのスーパー8カラーリバーサルフィルム(1カートリッジだいたい$45 ※現像代込み)や、
ORWOのレギュラー8モノクロリバーサルフィルムやネガフィルムも販売しています。(2017.04現在)

Pro8mmは、独自のパッケージデザインで商品を販売。
カメラや、スーパー8の詰め替えカートリッジ、オリジナルTシャツなども売っていました。

Spectraのレギュラー8は今ある限りでの販売みたいです。



19182140_1353140474781620_1132889198_o.jpg


19182193_1353140521448282_299870927_o.jpg

8ミリフィルム作品上映とミニシンポジウム 

8ミリフィルム作品上映とミニシンポジウム 日常の境界 
8ミリフィルムにおける個人制作の現在 

2017年5月20日(土)15時〜

4489.jpg


主催:東京芸術大学音楽学部音楽環境創造科毛利嘉孝研究室
協力:SpiceFilms
助成:武藤舞 音楽環境創造教育課研究助成金

日時:2017年5月20日(土)

15:00-15:15  イントロダクション 石川亮
15:15-16:15  フィルム作品上映
16:30-18:00  ミニシンポジウム「8ミリフィルムにおける個人制作の現在」
登壇者:石川亮、横江れいな、早見紗也佳他

場所: 東京芸術大学千住キャンパス(足立区千住1-25-1)スタジオA
参加費無料、予約不要
お問い合わせ:project5.8mm@gmail.com

概要:
2017年5月7日にニューヨークで日本の8ミリフィルム映像作家の作品の上映プログラム「日常の境界-Everyday Boundary-」が開催されます。この企画は、日本を拠点とする8ミリフィルム映像作家の作品を海外で紹介することを目的としたものです。今回は、このプログラムの上映後、プログラムのキュレーター石川亮氏と参加作家を交え、「8ミリフィルムの個人制作の現在」をテーマにミニシンポジウムを行い、デジタル化の現代においてほぼ使われなくなった8ミリフィルムという映像記録媒体とその作品の魅力を考えます。

上映作品

「センター☆センター」徳永彩加
「3分56秒のモラトリアム」ムラカミ ヒロキ
「SHIBUYA X」NAGAO
「Park 4 Nicole」新宅 謙吾
「新しい夜」清成晋太郎
「あす、満ち欠ける」 宮本 尚昭・山 ミヤエ
「CHimchee」新井潤
「under current 」石川亮
「おともだち」早見紗也佳
「あおな」横江れいな
「影をなめすと」日景 文雄

!8-exclamation8 in NY  「日常の境界-Everyday Boundary 」

!8-exclamation8 in NY
 「日常の境界-Everyday Boundary 」


2017年 5月7日(日) 19時00分~


ロゴに



日本では1965年に販売を開始したkodak「super8」のオルタナティブとして、
フジフイルムが販売した独自の規格、「single8」があります。

日本の8mm作家達は「single8」と「super8」2つの規格を使い分け独自に進歩を遂げてきましたが、
8mmフィルムでの制作は数年前から大きな変容を見せています。
「single8」の販売終了や正規の現像サービスが無くなった現在の日本では
自家現像やカートリッジの詰め替え、期限切れのフィルムを使った
8mm制作スタイルが多くなって来ました。

このプログラムでは、現在日本で定期的に8mmフィルムで
制作している作家達の作品を集めました。8mmフィルムでの制作が
厳しくなる一方でフィルムを知らない若手の作家にとっては 
ニューメディアとしての8mmフィルムが注目をされています。

新宅 謙吾の「Park 4 Nicole」は自身の家族を撮影し続けている
「ニコル」シリーズの一作で4重に重ねた多重露光によるアグレッシブなホームムービー。
清成晋太郎の「新しい夜 new night」は作者の夜への考察と光と影、
シルエットといった作者の美学が詰まった作品。
新井潤峰 の「CHimchee」は自身のルーツである韓国のキムチについての映画。
その他、全10作品を上映します。

「日常の境界〜Everyday boundary」と題した今回の上映では日常と
作家としての制作活動の境界 を行き来しながら作られた作品から、
日本の現代8mmシーンの断片を垣間みて頂けたらと思います。 石川亮



Program Title: Everyday Boundary
Programmer: Ryo Ishikawa

Fujifilm introduced Single 8 in 1965, as an alternative to Kodak’s Super 8, and Japanese filmmakers have been choosing one of them considering the uniqueness of each format. One of the biggest differences between these formats is that Single 8 film can be rewound as many frames as desired so that a filmmaker can create multiple layered images easily. However, Single 8 was never popular in other countries, so filmmakers in Japan developed a distinctive 8mm filmmaking style. Several years ago, Fujifilm ended the sales and support of Single 8, including processing services, and the scene of 8mm filmmaking in Japan has changed. Now, those who still prefer to use their Single 8 cameras shoot expired films and/or use a Single 8 cartridge with a film taken out from a Super 8 cartridge. While it is getting more difficult to make an 8mm film, some young filmmakers find it a fascinating new medium. Everyday Boundary is a program that showcases ten short films made by Japanese filmmakers who work with 8mm formats constantly. Each of them finds time in daily life to work on creative projects, crossing the boundary between day-to-day activities and artistic ones. I hope the audience would see a glimpse of today’s 8mm film scenes in Japan from this program. – Ryo Ishikawa





Ryo Ishikawa is a filmmaker based in Tokyo, Japan. He is a co-founder of !8 (Exclamation 8), which is a collective of filmmakers organizing screenings of 8mm films at various venues in Japan. He also has been organizing filmmaking workshops in Tokyo and other cities. He currently works at National Film Center (National Museum of Modern Art, Tokyo) in Kanagawa, Japan, inspecting films, especially small formats.

Naoaki Miyamoto is a photographer and filmmaker living in Tokyo. He studied filmmaking at Image Forum Institute of the Moving Image, and since then he has made several 8mm films, considering the art of moving image as an extension of photography.

Reina Yokoe, a senior at Tokyo University of the Arts, majoring in Musical Creativity and the Environment, started making 8mm films about a year ago. She is interested in analog media and she often uses expired films and does hand-processing for her projects.



「センター☆センター」徳永彩加
「3分56秒のモラトリアム」ムラカミ ヒロキ
「SHIBUYA X」NAGAO
「Park 4 Nicole」新宅 謙吾
「新しい夜」清成晋太郎
「あす、満ち欠ける」 宮本 尚昭・山 ミヤエ
「CHimchee」新井潤
「under current 」石川亮
「おともだち」早見紗也佳
「あおな」横江れいな
「影をなめすと」日景 文雄




Center★Center (Saika Tokunaga, 4 min., Super 8, 18fps, sound, 2011)

Moratorium 3'56" (Hiroki Murakami, 5 min., Single 8, 18fps, sound, 2012)

SHIBUYA X (NAGAO, 7 min., Super 8, 18fps, sound, 2017)

Park 4 Nicole (Kengo Shintaku, 2.5 min., Single 8, 18fps, sound, 2014)

New Night (Shintaro Kiyonari, 3 min., Single 8, 18fps, silent, 2011)

Tide (Naoaki Miyamoto & Miyae Yama, 5.5 min., Super 8, 18fps, sound, 2015)

CHimchee (Junhou Arai, 5 min., Super 8, 18fps, sound, 2012)

under current (Ryo Ishikawa, 5 min., Single 8, 18fps, sound, 2012)

Me and you are friends (Sayaka Hayami, 3 min., Super 8, 18fps, silent, 2017)

AONA (Reina Yokoe, 3 min., Super 8, 18fps, silent, 2017)

Tanning the film (Akio Hikage, 5.5 min., Single 8, 18fps, sound, 2012)




日 時: 2017年 5月7日(日) 19時00分~
会 場: USA NY
CPR Center for Performance Research361 Manhattan AvenueBrooklyn, NY, 11211United States



「8mmフィルム 撮影~現像ワークショップ」京都

「8mmフィルム 撮影~現像ワークショップ」京都

 2016年9月10日(土)9月25日(日)(全2回)

rogo2.jpg


8mmフィルムで撮影しよう!

現在手に入れることのできる白黒の8mmフィルムを使って自分で
撮影、現像、上映まで行います。
フィルム撮影をしてみたい方、モノクロの反転現像の方法を知りたい方、是非ご参加ください。


講義では8mmカメラの撮影はもちろん、アマチュアフィルムのアーカイブや実践についても解説します。
参考上映もお楽しみに。


リール

8mmフィルムとは…
現行の映画フィルムの最小フォーマット。
現在コダックからカラーネガと白黒フィルムが販売されています。
1本50フィートで3分20秒の撮影が出来ます。




日時:2016年9月10日(土)、9月25日(日)(全2回)


1日目(10日)13:00~16:00
●講義と参考上映、カメラ貸出し
・アマチュアフィルムに関する講義
・8mmフィルムの参考上映 『!8傑作選』
出品作家~ムラカミヒロキ、新井潤峰、他
・8mmカメラの取り扱い説明


2日目(25日)11:00~18:00
●自家現像~上映 
・撮影してきたフィルムを自家現像
・現像したフィルムの上映

スクリーンショット 2016-08-11 20.13.37




●会場:おもちゃ映画ミュージアム
   住所:京都府京都市中京区壬生馬場町29-1
最寄り駅:JR・地下鉄二条駅から徒歩約8分。阪急「大宮」駅東 改札口出口1番・嵐電「四条大宮」駅から徒歩約7分。最寄りのバス停は「みぶ操車場前」。

スクリーンショット 2016-08-11 20.38.02


●定員:撮影~現像 10組(グループ参加も可能※要相談)
※聴講、見学のみも可

●料金:2日間 ¥3,000-(ミュージアム入場料、材料費、カメラレンタル込み)
別途フィルム実費 Kodak tri-X 約¥2,780-
※聴講、見学のみ 各日 ¥1,000-

●申込み・問合せ:spicespicefilms@gmail.com   Spice Films(郷田、石川)

お名前、電話番号、メールアドレス、8mm経験の有無をお送りください。
返信をもって予約完了となります。


●講師:石川亮
プロフィール
映像作家。東京国立近代美術館フィルムセンター技術スタッフとして主に小型映画の検査を担当。
2015年同美術館の8mmを使った映像展示「Re: play1972/2015―「映像表現 ’72」展で8mmの複製・現像を担当。
東京小金井市を中心に8㎜作品の上映会「!8-exclamation8」や自家現像ワークショップを各所で開催。



主催:Spice Films
共催:おもちゃ映画ミュージアム
協力:8mmFILM小金井街道プロジェクト
   日本映像学会アナログメディア研究会




■関連イベント■

9月24日土曜日 13時より

講演「カメラから現像・編集、映写機まで~機材と技術からみたパテ・ベビー~」

講師:飯田定信(小型映画研究)

近年のシングル8やスーパー8など戦後の8mm映画に先行して戦前に隆盛を誇った9.5mmフィルム"パテ・ベビー"。
実際に使われた撮影機材や編集機材、当時のフィルムなどから小型映画に関する技術について解説します。
当日は講演に併せて第2回パテ・ベビー映画祭も開催、9.5mmフィルムが上映されます。




京都ワークショップ811改


<<PREV | | NEXT>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。