【8ミリフィルム制作ワークショップ/3 分 20 秒の熱海】開催 (ATAMI ART GRANT2023 参加企画)


【8ミリフィルム制作ワークショップ/3 分 20 秒の熱海】
   (ATAMI ART GRANT 2023 参加企画)

※定員になりましたので、受付終了致しました!
insta用-2



熱海の街を映す8ミリフィルムの制作ワークショップを開催します。
〜カメラの使い方・撮影・現像まで、8ミリフィルムの世界を1 泊 2 日で体験します。
また、ワークショップで撮影した作品は、11/18〜12/17 まで開催される
《ATAMI ART GRANT 2023》にて展示・上映いたします。
https://atamiartgrant.com/

ワークショップ+展示・上映まで含むとても貴重な機会となっています。
レトロな街並みが残る熱海を、フィルムカメラとともに巡りましょう。
また、今回スペシャルゲストとして映画監督の七里圭さんが来熱します。
ワークショップ初日には、監督が16 歳の時に8 ミリフィルムで制作した処女作『時を駆ける症状』を特別上映。

8ミリフィルムの世界へと浸かる 2 日間へ、是非お越し下さい
-----
●開催日:
11/11(土)10:30 〜
11/12(日)10:00 〜18:00 終了を予定
※遠方参加の方は宿泊場所については各自での確保をお願いいたします。
(会場近隣のお宿ご紹介できます)

●開催場所: Atelier&Hostel ナギサウラ(静岡県熱海市渚町19-6) 2日間
https://nagisa-ura.net/

●参加費: 18,000 円(税込)
(8 ミリカメラ機材レンタル代・フィルム代・現像代・デジタル化 手数料すべて含む)
※トライ-X(モノクロフィルム) 1 カートリッジ(3 分 20 秒撮影可能)を使用
※各自の撮影したフィルムは ATAMI ART GRANT 2023 展示期間終了後(12/17 以降)、 デジタルデータとともにご返却となりますのであらかじめご了承下さい。

●募集人数: 10組(1組2名まで ※ご相談下さい)
※2名で参加の場合も参加費は合計で 18,000 円となります。
ただし、1 組につきフィルム 1 本、カメラ 1 台のみのお渡しとなります。
1 名でのご参加ももちろん歓迎です。
フィルムに馴染みのない、若い世代に参加いただけるとうれしいです!
※申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。
※未成年者で参加ご希望の際はご相談下さい。

★応募方法

★2023年10月1日(日) PM12時〜より募集を開始します♨︎


定員になりましたので、受付終了致しました!
次回開催をお楽しみに!


-------

※参加者決定後、事前のオンラインミーティングを開催予定です。

タイムスケジュール(都合により変更となる場合があります)

《1日目》
11 月 11 日(土)10:30〜
・8 ミリフィルムってなに?
・参考作品上映〜自由で多彩な“個人映画”の世界
・8 ミリカメラの使い方、カメラ貸し出し
講習終了後、各自撮影(自由行動)

19:00〜七里圭監督『時を駆ける症状』上映会
(ワークショップ参加者は無料/一般参加可※詳細は追ってお知らせします)

《2日目》
11 月 12 日(日)10:00〜18:00(休憩含む)
・自分で現像してみよう!
・みんなの作品上映発表会

《展示》
11/18から12/17 まで開催される
《ATAMI ART GRANT 2023》にて展示・上映


-------
●講師: Spice Films
東京を拠点に、フィルム作品の上映会企画やワークショップ、イベントの開催など、幅広いフィルム活動を続ける若手作家集団。

-------
●ゲスト監督: 七里圭(しちり・けい)
1967 年生まれ。『のんきな姉さん』、短編『夢で逢えたら』(ともに 2004)で監督デビュ ー。その後、声と気配で物語をつづる異色作であり、代表作でもある『眠り姫』(2007/ サラウンドリマスター版 2016)を発表。一方で、建築家と共作した『DUBHOUSE』 (2012)が国際的な評価を得る等他ジャンルアーチストとのコラボレーション作品も多 く、「音から作る映画」プロジェクト(2014~2018)、舞台上演「清掃する女」(2019)など 実験的な映画制作、映像パフォーマンスも手掛ける。2017 年、山形国際ドキュメンタ リー映画祭インターナショナル・コンペティション審査員。2019 年より多摩美術大学非 常勤講師を務めている。



時かけ
●特別上映作品: 時を駆ける症状(1984 年/24 分/8 mm) ※デジタル上映
七里圭の高校時代に制作した処女作。第 8 回 PFF に入選し大島渚に激賞された。 突然、人間の体が点滅を始め、それが段々早くなり消滅する奇病が全国に蔓延。対策として踏み台昇降運動が奨励される。自己の存在の意味と没個性社会への問いかけが、踏み台を昇降する機械的な運動のリフレインによって描かれる。
-----

ご質問等何かありましたらお問合せ下さい。
担当: 熱海シネマ
atamicinema@gmail.com

主催: 熱海シネマ

協力: PROJECTATAMI実行委員会

協賛: コダック ジャパン