『! 8 - exclamation8 vol② 山形~東京~』 Aプログラム

『! 8 - exclamation8 vol② 山形~東京~』 Aプログラム



水由章------------------------------

『瞬息10』
2012年/3分/single8

!8+螻ア蠖「縲€豌エ逕ア_convert_20121205025118


※作品解説
8mmフィルムの1マガジンを無編集、つまりカメラ内編集で
作品化することを条件に、制作している「瞬息」シリーズの第10弾。
フィルムが入手できるのも残り少ないシングル8で「瞬息」シリーズ恒例の
武蔵野公園のはらっぱと湧水に登場して頂こう!


※作者プロフィール
1984年から一貫して8mm、16mm映画フィルムによる映画制作を続けている。
作品数は40本余を数える。代表作として『瞬息』(1997)、『水光色』(2002)
など。ロッテルダム、アナーバーなど海外映画祭での上映も数多い。


新宅謙吾----------------------------

『Sound out』
2011年1月~2012年10月/2分50秒/Single8

!8+螻ア蠖「縲€sinntaku_convert_20121205025624

※作品解説
息子の成長を見守る中で、最もラディカルなのは、二足歩行、そして、言語の習得である(今のところ)。言語は、はじめ、詩のようなカタチで現れる。親からすれば単語ともいえない音素の羅列、子からすれば気持ちの具体的な発露だ。それがやがて単語になり、歌になり、絵本の暗唱へとなって親をおどろかせ続けている。息子との音声によるやりとりを、8ミリフィルムのマグネに収めてみた。

※作者プロフィール
1974年生まれ。東京都出身。
小金井市の団地に妻、息子と在住。会社員。8mmFILM小金井街道プロジェクト メンバー


田中加也子----------------------------

『ひかりつむぎ』
2012年/3分/single8

!8+螻ア蠖「縲€tanaka_convert_20121205025723


※作品解説
光は色 光は記憶 光は音 光は匂い 光は味 光は温度 光は刺激 光は生。
宇宙にいっぽんしかない私の光をつむぐ。

※作者プロフィール
福岡から山形にきて6年目。東北芸術工科大学でテキスタイルを専攻するも、
フィルムに出会いその魅力にとりつかれ、卒業後は同大学院で実験映画をまなぶ。
いい匂いのするほうへ歩いていったら、すてきな変な人たちとどんどん繋がって、
いまこうしてます。



水野裕基--------------------------

『かつてあなたが夢見たもののすべてに』
2012年/5分/single8

!8+螻ア蠖「縲€4_convert_20121205025759

※作品解説
時折、ある一点に留まり続けているような錯
覚に陥る。それは電車に乗って移動している
ときも同じで、風景ばかりが流れ、どこにも
逃れることができずに、ただそれを見つめて
いる。流れは既に淀み、腐っているのだろう。

※作者プロフィール
1984年生まれ。文化的飢餓状態を脱するため、砂漠の街から上京。
時折経歴と身分を詐称しながら、探偵として日夜徘徊している。
2000年代中頃より妄想・思索の一手段として8ミリでの映像制作を
のんべんだらりと継続中。



加藤到---------------------------

『情報かノイズ』
2012年/5分/single8

!8+螻ア蠖「縲€katou_convert_20121205025934

※作品解説
研究室の冷蔵庫にずっと眠っていた8ミリフィルム。何処で手に入れたか覚え
ていないが、たぶん30~40年前、白黒フィルムに至っては、それ以上と推測
出来る。さてこのフィルムにとらえられるのは、情報?又はノイズ?

※作者プロフィール
映像作家、東北芸術工科大学映像学科教授



白岩義行-----------------------------

『はじめての上映会』
2012年/5分/single8

!8+螻ア蠖「縲€逋ス蟯ゥ_convert_20121205030014

※作品解説(下記、間違いでなく作品解説です)
上映会の企画をしているIさんに声をかけてもらった。
遂にこの時がやってきたのだっ!そう、上映会デビュー!
どんなのをつくろうかなぁ、ファイトが湧くぞーー!

※作者プロフィール
しがない会社員を辞め、しがないバイト清掃夫として労働しつつ、
イメージフォーラム映像研究所に通う28歳。
同世代の多くは安定への道を歩み始める頃に人生の袋小路へ足を踏み入れつつある
血迷った28歳はじめての上映会。



小畑円香-----------------------------

『あそび』
2012年/3分/single8

!8+螻ア蠖「縲€madoka_convert_20121205030052

※作品解説
どんな大きな感情がおこっても「無」でみつめてしまう。
こま切れにたんたんと流れるイメージは私の理想かもしれない。
いつ途切れてもおかしくはない、危険な賭けごと。

※作者プロフィール
1990年生まれ、和歌山県和歌山市出身。
高校時代よりフィルムカメラでの写真撮影を始める。
同じく物質的に目の前のものを手元に残すことが可能な媒体として、
8mmにも興味を持ち始める。女子美術大学在学中。



石川亮----------------------------

『GLOW』
2012年/5分/single8

!8+螻ア蠖「縲€縺・@縺九o_convert_20121205030125

※作品解説
コマーシャルフィルムから映し出された 映像は
企業による量産された商品イメージの戦略と
現代社会による洗脳的イメージの過多を映す。
より断片的にそのイメージを再構築し
改めて見る事により全く違ったイメージを映す。
非商業的な作品

※作者プロフィール
1984年東京生まれ W大学中退 都内某所で毎日35mmフィルムを扱う仕事をしている。2000年頃より映像制作を始める。フィルムによるコマ単位で形成された時の流れや、乳剤により映し出された物質としての時間の流れに興味を持ち、近年はフィルムによる映像作品 / インスタレーション作品 などを制作。また上映企画゛cinema cinema cinema゛(2009)゛smallformat゛(2011)や自家現像ワークショップなどの企画、運営活動を行っている。




日景文雄----------------------------

『影をなめすと』
2012年/5分/single8

!8+螻ア蠖「縲€hikage_convert_20121205030154

※作品解説
ある日、フィルムに付着したほこりをとろうとフィルムをこすっていると、
一瞬だが蛍光のようにそれ自身でかがやく光がみえた。
もっと長くみたいとおもった彼はフィルムをなめしにかかったのだが。。

※作者プロフィール
1986年8月6日生。青森県弘前市出身。
フィルム、ビデオで映像制作を続けている。