スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sound FILM Workshop

sfwstitle_0822.jpg

8ミリフィルムは、映像といっしょに音も表現できる、マルチなメディア。それを実現するのは、アフター・レコーディング~フィルムに、後から音を付ける~というソリューション。「サウンド・フィルム・ワークショップ」は、その「アフレコ」の初歩にチャレンジします。映像と音がハーモニーを奏でる、ステキなフィルムを一緒に作りましょう。

◎概要
映写機によるアフレコにはさまざまな方法があります。今回の実践では、パソコンで音源をまとめ、フィルムにアフレコする方法を中心に体験していきます。

PHASEⅠ アフレコの知識……映写機を見ながら学びます。

PHASEⅡ アフレコの実践……実際にアフレコしましょう。

PHASEⅢ 映写機で上映……できたフィルムを映写します。

   ▶ PHASEⅡの実践レベルによって、以下の2つのコースがあります。
     ご希望のコースでご参加ください。

<Aコース>
フィルムと音源を持ち込んで参加……ご自身の作品で3~5分程度のアフレコ作業を実践します。

<Bコース>
フィルムと音源なしで参加……主催者が用意するテストフィルムと音源で簡単なアフレコを体験します。

※アフレコに使用する音源は、すでに録音されたもので、当日会場で再生できるものにしてください。なお、音源の再生に必要な機材等は参加者ご自身でご用意ください。(アナログ音声出力が可能なものに限ります。デジタルデータのPCによる再生には対応しません)
※音源が準備できない方は、主催者が用意した音源などをご利用いただきます。

 
※使用するのがアナログ機材であり、また突然の不具合等により、事前に想像されていたような音質・音量でアフレコ録音できない可能性もありますのでご了承ください(使用機材はアナログであるため、デジタル音源をそのままの音質でフィルムに録音したり再生したりすることはできません)。
●参加者が持ち込まれたフィルムについて、接合が不完全な場合や損傷がひどいなど作業が難しいと判断した場合には、フィルムの保護を最優先し作業を中断させていただくことがあります。
●参加者がご自身で作成された音源をお持ちいただく場合、音源の複製またはバックアップを取っておいてください。
●停電や自然災害など不測のトラブルが発生した場合、一部の工程を省略させていただくことがあります。

日 時 | 2012年10月13日(土)14:00~17:00

場 所 | 小金井市公民館 本館(福祉会館) 4F 視聴覚室

講 師 | 成田屋古漫堂氏 、マディ折原氏

資料代 | 一般 1,000円  学生 500円

定 員 | 12名 程度

申込み | Eメールで、お申し込みください。 ▶ 宛先 8mmkoganei アット gmail.com
 ◎件名に「アフレコ」、本文に(1)名前、(2)人数、(3)コースを記載してお送りください。
 ◎ご不明な点や質問等ございましたら、Eメールでぜひお問合わせください!

主 催 | 8mmFILM小金井街道プロジェクト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。