スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「8mmフィルム 撮影~現像ワークショップ」京都

「8mmフィルム 撮影~現像ワークショップ」京都

 2016年9月10日(土)9月25日(日)(全2回)

rogo2.jpg


8mmフィルムで撮影しよう!

現在手に入れることのできる白黒の8mmフィルムを使って自分で
撮影、現像、上映まで行います。
フィルム撮影をしてみたい方、モノクロの反転現像の方法を知りたい方、是非ご参加ください。


講義では8mmカメラの撮影はもちろん、アマチュアフィルムのアーカイブや実践についても解説します。
参考上映もお楽しみに。


リール

8mmフィルムとは…
現行の映画フィルムの最小フォーマット。
現在コダックからカラーネガと白黒フィルムが販売されています。
1本50フィートで3分20秒の撮影が出来ます。




日時:2016年9月10日(土)、9月25日(日)(全2回)


1日目(10日)13:00~16:00
●講義と参考上映、カメラ貸出し
・アマチュアフィルムに関する講義
・8mmフィルムの参考上映 『!8傑作選』
出品作家~ムラカミヒロキ、新井潤峰、他
・8mmカメラの取り扱い説明


2日目(25日)11:00~18:00
●自家現像~上映 
・撮影してきたフィルムを自家現像
・現像したフィルムの上映

スクリーンショット 2016-08-11 20.13.37




●会場:おもちゃ映画ミュージアム
   住所:京都府京都市中京区壬生馬場町29-1
最寄り駅:JR・地下鉄二条駅から徒歩約8分。阪急「大宮」駅東 改札口出口1番・嵐電「四条大宮」駅から徒歩約7分。最寄りのバス停は「みぶ操車場前」。

スクリーンショット 2016-08-11 20.38.02


●定員:撮影~現像 10組(グループ参加も可能※要相談)
※聴講、見学のみも可

●料金:2日間 ¥3,000-(ミュージアム入場料、材料費、カメラレンタル込み)
別途フィルム実費 Kodak tri-X 約¥2,780-
※聴講、見学のみ 各日 ¥1,000-

●申込み・問合せ:spicespicefilms@gmail.com   Spice Films(郷田、石川)

お名前、電話番号、メールアドレス、8mm経験の有無をお送りください。
返信をもって予約完了となります。


●講師:石川亮
プロフィール
映像作家。東京国立近代美術館フィルムセンター技術スタッフとして主に小型映画の検査を担当。
2015年同美術館の8mmを使った映像展示「Re: play1972/2015―「映像表現 ’72」展で8mmの複製・現像を担当。
東京小金井市を中心に8㎜作品の上映会「!8-exclamation8」や自家現像ワークショップを各所で開催。



主催:Spice Films
共催:おもちゃ映画ミュージアム
協力:8mmFILM小金井街道プロジェクト
   日本映像学会アナログメディア研究会




■関連イベント■

9月24日土曜日 13時より

講演「カメラから現像・編集、映写機まで~機材と技術からみたパテ・ベビー~」

講師:飯田定信(小型映画研究)

近年のシングル8やスーパー8など戦後の8mm映画に先行して戦前に隆盛を誇った9.5mmフィルム"パテ・ベビー"。
実際に使われた撮影機材や編集機材、当時のフィルムなどから小型映画に関する技術について解説します。
当日は講演に併せて第2回パテ・ベビー映画祭も開催、9.5mmフィルムが上映されます。




京都ワークショップ811改


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。