スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーソナルフォーカス 東京+山形セレクション

パーソナルフォーカス 東京+山形セレクション
2018年7月29日(日) 16:00 - 19:00

36064477_1771649236247329_4600059361568489472_o.jpg

36027974_1771649382913981_4268810833498210304_n.jpg




福岡市に拠点を置く映像作家/上映集団フィルム メーカーズ フィールドが1978年にスタートした
アンデパンダン展「パーソナルフォーカス」は、30年以上に渡って作品募集と全国巡回上映を続け、
日本の個人映画作家にとって重要な発表の場となってきた。出品の条件は8mmフィルム、3分間であること。
今年2月に上映した東京セレクションに、山形在住作家の作品を加えた東京+山形セレクション。
1978年から2017年までの8mmフィルム37作品を一挙上映!
今回が最終上映となります。お見逃しなく!



上映作品
『COOL HEART』青井克己/1988
『春光呪詛』石川亮/2016
『多摩川のほとりで猫と暮らしている』内村茂太/2007
『きよう』遠藤奈緒/1995
『無援の抒情』小口容子/2010
『影』大川戸洋介/1986
『Good morning to you』黄木可也子/2010
『鏡川ぞいのガードレール』大木裕之/1991
『くもわたるふねひとつ』黄木優寿/2014
『2005 MARS / PARIS』太田曜/2007
『フジカブルー』大西健児/2009
『私も動かす』帯谷有理/1994
『子どものアリエッタ』片山薫/1998-2008
『滅びゆくメディアのために』加藤到/1986
『suginami-green』川口肇/2007
『家路』櫻井篤史/1987
『Last of Showa』佐々木健/1991
『5つのめくばせ』新宅謙吾/2007
『走れウサギ』芹沢洋一郎/1991
『川赤子』徳永彩加/2016
『おしまい駅』戸屋幸子/2007
『満月』能登勝/2006
『肉体実験通信』袴田浩之/1993
『あし』早見紗也佳/2016
『こわい森みたいな』昼間行雄/2017(再現版)
『ON A SHUTTER』福間良夫/1982
『夢のゆきて』福間良夫/1978
『走れ映郎』福間良夫/1988
『ガラスの42才』福間良夫/1996
『闘え!カンフーウルフ「ペンギン拳を倒せ!!」』ホタルイカプロダクツ/1997
『おしまい』前田敏行/1996
『Seraphita(セラフィータ)』万城目純/1993
『瞬息4』水由章/2001
『威風堂々』宮田靖子/1998
『カスバから』村上賢司/1994
『風の日曜』ヤジマチサト士/2009
『じょっぴん』山崎幹夫/1988

会期:2018年7月29日(日) 16:00
会場:なかのZERO 西館 学習室4(東京都中野区中野2-9-7/中野駅南口徒歩8分)
資料代:500円

主催:日本映像学会アナログメディア研究会/ 帰巣譚 東京上映会
協力:FMF(フィルム・メーカーズ・フイールド)/MFM(メタ・フィルム・マーヴェラス)/
Lumen gallery/認定NPO法人 山形国際ドキュメンタリー映画祭/SpiceFilms/上映作家の皆様
スポンサーサイト

16mmFilmによる「実験映画とトーク」

16mmFilmによる「実験映画とトーク」
 2018年5月6日(日曜日)15時~21時
阿佐ヶ谷!!16


■ スペース煌翔  
  東京都杉並区阿佐谷南3−2−29 
  JR 阿佐ヶ谷駅から徒歩5分 丸ノ内線南阿佐ヶ谷から徒歩 2分
http://www.kohsho.co.jp/Art_Space_top.html
  アクセス
http://www.kohsho.co.jp/Access.html

■ 入場料:1プログラム1500円(AまたはBの1プログラム)
    2プログラム2000円(AプラスBの2プログラム)

■ プログラムA 15時〜17時■
●!!16(exclamation-16)プログラム   40分
●宮崎淳 作品集 その1 40分
●太田曜 作品集 その1 40分

■ プログラムB 18時〜20時30分■
●!!16(exclamation-16)プログラム   40分
●宮崎淳 作品集 その2 40分
●太田曜 作品集 その2 40分

■ 主催:阿佐ヶ谷アートストリート

https://www.asagayaartstreet.com/

■ 協力:日本映像学会アナログメディア研究会
https://www.facebook.com/analogmedia/

■■■ プログラム詳細 ■■■

■プログラム A15時 〜 17時 

●!!16(exclamation-16)プログラム   40分
★ 全て16ミリフィルム100フィート(約30m)の作品集 
制作年度は全て2017年度。

A・RA・SHI-hacker ムラカミロキ
Shadow 宮崎淳
Optical Synchro Sound Movie Film 太田曜
Sumie(印象II)川口肇
木綿たり/MOMENTARY 水由章
ドーミー たてお
点景 飯田定信
Untitled 黒川通子
3760flams 徳永彩加
パンダウン 能登勝
時光剥落(Time Peeling Off)許岑竹(Xu Cenzhu)
グローコーマ(緑内障)溝の口健二
Metanoia 石川亮
ねんね 早見紗也佳

●宮崎淳 作品集 その1 40分
BRILLIANT GARDEN 2004 年 16mm カラー サウンド 20分
TIME SCAPE 2001年 16mm カラー サウンド 16分
PLASTIC TEAR 1995 年 16mm モノクロ  サイレント 5分

●太田曜 作品集 その1 40分
DISTORTED "TELE" VISION カラー サウンド 11分 1997年
DISTORTED MOVI SION カラー サウンド 8分 1998年
INCORRECT CONTINUITY カラー サウンド 9分 1999年
INCORRECT INTERMITTENCE カラー サウンド 6分 2000年
SPEED TRAP カラー サウンド 6分 2004年


■17時 〜 17時30分 作家によるトーク

■17時30分から17時45分 休憩

■プログラム B 18時00分 〜 20時30分 

●!!16(exclamation-16)プログラム   40分
プログラムAの!!16と同じ作品。

●宮崎淳 作品集 その2 40分
BORDER LAND 1999年 16mm カラー サウンド 15分
FLIP LIGHT CRUISER 1998 年 16mm カラー サウンド 11分
RAPID FIRE 1996年 16mm カラー サイレント 11分

●太田曜 作品集 その2 40分
ANTONYM of CONCORD(E) カラー サウンド 9分 2005年
PILGR IMAGE of TIME カラー サウンド 13分 2008年
SURF/LENGHT カラー サウンド 8分 2010年
The Militia Company of Captain Frans Banning Cocq
(フランス・バニンク・コック隊長の市警団)カラー サウンド4分 2015年
BLANK SPACE パートカラー 光学サウンド+別出し 5分 2016年
Le Mur モノクロ 光学サウンド+別出し 7分 2017年

■20時30分 〜 21時00分 作家によるトーク

● プログラム・ディレクター 太田曜 !!16 は早見紗也佳

■ 作家プロフィール

■ 宮崎淳
1965年生まれ。映像作家。東京造形大学卒業。
大学の卒業制作『Ring Android』1987年8mm サイレント 45分 が
イメージフォーラム・フェスティバル1988グランプリ受賞。
『FRONTIER』2003年 16mm モノクロ サウンド 23分が
第57回カンヌ国際映画祭 監督週間で“若い視点賞”受賞。
国内外の映画祭で作品上映多数。東京造形大学、
玉川学園大学等非常勤講師として後進の指導も行なっている。
URL: http://www.visionfix.jp/index.html

■ 太田曜
1953年東京生まれ。実験映画制作、研究。
パリ第8大学映画科でギィ・フィーマン、クローディーヌ・エジックマンから
実験映画を、フランクフルトのシュテーデル美術大学でペーター・クーベルカから
実験映画と料理を学ぶ。国内外の映画祭等で作品上映多数。
『アメリカン・アヴァンガルド・ムーヴィ』(2016年森話社刊)で
“ペーター・クーベルカ”を担当、2018年3月フランス国立文書館で
日本の実験映画、特に奥山順市に関する研究発表を行う。
阿佐ヶ谷アートストリートでは初回以来欠かさず実験映画上映を行なっている。
Face Book : https://www.facebook.com/yo.ota.18

8ミリ16ミリフィルム上映会!8 to !!16[exclamation-8 to exclamation-16 ]@京都

!8 to  !!16[exclamation-8 to exclamation-16 ]
@京都 Lumen gallery

2018年 3月24日(土)3月25日(日)
!8京都細
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
フィルムを愛し、あらい粒子の蠢きや、ときにはスレや傷にまで
新鮮な美しさを見出し制作を続ける作家たちの新作上映会
『!8 to !!16[exclamation-8 to exclamation-16 ]』
ジャンルを問わない短編映画たちが「フィルムを懐かしむにはまだ早い!」
と観る人々に語りかけます。8ミリフィルムと16ミリフィルムで
2018年現在進行形、びっくり印の体験となることでしょう!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「!8 exclamation-8」は、2009年頃からスタートした 8ミリフィルム上映企画です。
8ミリフィルムでの上映活動を活発にする為、若手フィルムメーカーによる制作から
発表をオーガナイズするグループ「Spice films」を発足。以降、上映企画や、
現像のワークショップなどの活動を続けています。この5年間で、
フジフイルムのSingle 8、KodakのSuper 8のカラーリヴァーサルフィルムの生産終了、
また現像液やフィルムの値上がりなど、8ミリ制作を巡る環境は厳しい状況になっています。
しかし、フィルムでの制作に対する興味や意欲がある作家は今でも多くおり、
今回の企画は2017年〜2018年制作の新作上映会となっています。
《石川亮/!8プログラム・キュレーション》

この度、「!8」プログラムに加えて「!!16 exclamation-16」を開催いたします。
フィルムの幅が2倍になって「!」も2つになりました。
この16ミリプログラムは、上映フィルムの長さが「100ft」のルール付き
新作上映プログラムです。100ft、スプール1巻分で、約2分30秒の映像。
制限のある中で作るということは、それぞれ作家をより強く浮き彫りに、
フィルムの持つ可能性をより明確に映しだすのではないでしょうか。
初めてボレックスを手にした女子大生から、何年も待ち望まれた新作まで、
合言葉は「16ミリ100ft」。短い中にも密度ある、フィルム上映プログラムです。
《早見紗也佳/!!16プログラム・キュレーション》




///////Aプログラム  !8 10作品 約45分

『GREY HOUR』 ムラカミロキ/5分
『さよならは私が覗く』 宮川真一/10分
『ちょうちょちょうちょ』 三井彩紗/4分
『ストロボ・フリッカー』 南俊輔/3分
『END OF PRAY』 北澤宏昴/5分
『Kodachrome 40 sound color movie film』 [2] 太田曜/3分
『光』 後藤貴志/3分
『夜道に坐る』 石川亮/3分
『ほとり』 松井摩利子/5分
『ゆれる: 夢遊する身体』 斎藤英理/4分



///////Bプログラム  !8 11作品 約45分

『友人の仕事』 日景明夫/5分
『Linda/リンダ』 NAGAO/5分
『愛の屑』 鈴木章浩/3分
『シーケンス』 横江れいな
『575』  大川リサ/3分
『京都小旅行』 齊藤光平/6分
『透馬のこと』 七里圭/3分
『お墓参り』  阿部和浩/5分
『愛讃讃』  池添俊 /7分
『水を飲んでいきる(8mm上映 ver)』 早見紗也佳/3分
『空』 鈴木晃二/5分


///////Cプログラム  !!16 14作品 約35分

『A・RA・SHI -hacker-』 ムラカミロキ
『shadow』 宮崎淳
『Optical Synchro Sound Movie Film』 太田曜
『Sumie(印象Ⅱ)』 川口肇
『木綿たり/MOMENTARY』 水由章
『ドーミー』 タテオ
『点景』 飯田定信
『Untitled 』 黒川通子
『3760flame』 徳永彩加
『パンダウン』 能登勝
『時光剝落(Time Peeling Off)』 許岑竹
『グローコーマ<緑内障>』 溝の口健二
『Metanoia』 石川亮
『ねんね』 早見紗也佳


///////京都!8セレクション  10作品 約45分

※【京都!8セレクション】は、これまでに「!8」
で上映された作品の傑作選となります。


『3分56秒のモラトリアム』 ムラカミロキ /4分
『Park 4 nicole 』 新宅謙吾 /3分
『新しい夜』 清成晋太郎 /3分
『あす、満ち欠ける』 宮本尚昭・山 ミヤエ /6分
『For Life 三部作「梅」「竹」「松」』 新井潤峰 /9分
『Under Current』 石川亮 /5分
『影をなめすと』 日景明夫/5分
『あおな1.0』 横江れいな /3分
『このところの』 早見紗也佳 /3分
『うごめき』 三谷悠華 /3分



※A.B.C プログラムは、全て2017年~2018年制作
A、B、京都!8セレクションは8ミリフィルム
Cプログラムは16ミリフィルム作品
※Cプログラムの各作品の長さは、すべて100フィート=約2分30秒


2018年3月24日(土)
Aプロ 13:30〜
Bプロ 15:00〜
Cプロ 16:30〜
京都セレ 18:00〜



2018年3月25日(日)
京都セレ 13:30〜
Cプロ 15:00〜
Bプロ 16:30〜
Aプロ 18:00〜


※各回上映後に、来場作家のティーチ・インあり  


一般 1プロ ¥1,000 / 2プロ ¥1,700 / フリー券 ¥3,000
学生 1プロ ¥500 / 2プロ ¥900 / フリー券 ¥1,500


※各回入替制

会場:Lumen gallery
600-8059
京都市下京区麩屋町通五条上る下鱗形町543
有隣文化会館2F

京都市営地下鉄「五条」駅1番出口より東へ7分
阪急電車「河原町」駅11番出口より南へ10分
京阪電車「清水五条」駅3番出口より西へ5分
京都市バス「河原町五条」停留所から西へ徒歩2分




主催:Spice films・Lumen gallery

【HP】Lumen gallery
http://www.lumen-gallery.com/index.html

協力:8mmFILM小金井街道プロジェクト
日本映像学会アナログメディア研究会

イメージフォーラム・シネマテークNo.1000 !8 to !!16[exclamation-8 to exclamation-16 ]

イメージフォーラム・シネマテークNo.1000
!8 to !!16[exclamation-8 to exclamation-16 ]
                            
2018年1月27日(土)、28日(日)

E38396E383ADE382B0E794A8.jpg



かつて若者が映画を作ろうと志す時、「フィルム」を使うことは避けては通れない道だったし、そのためにはちょっとした知識や技術を習得する必要があった。それは決して難しいことではなかったけれど、全てが「デジタル」となり指先ひとつでだれもが鮮明な映像を撮れる現代に比べれば、それなりに煩わしくやっかいなことであり、だから(他のたくさんの理由ももちろんあって)フィルムでの新作はほぼ絶滅しかけていたし、フィルムに拘る旧来の作家がいなくなれば、本当に絶滅するかもしれないとさえ思われていた。
だが本プログラムをキュレーションしたのは、フィルムがほぼ絶滅しかけ、「デジタルしか映像を撮る選択肢がない」時期に制作を始めた2人の映像作家(石川は1984年生、早見は1991年生)である。フィルム時代の煩わしくやっかいであった手間を愛おしみ、傷や滲み、ボケや荒い粒子に新鮮な美しさを見出した彼らにとって、フィルムこそが、平凡でありふれたデジタルを超えるべきニューメディアとなった。実際彼らだけでなく、フィルムの可能性を改めて追求する動きは、ハリウッドのメジャースタジオから個人の作家まで、近年世界的に注目されている。今回2人の熱い呼びかけに答えたのは、大学生からサラリーマン、写真家、ベテラン映像作家まで、フィルムで作り、フィルムで映すことに魅せられ繋がった29名。すべて新作プレミアでの上映は、タイトル通りびっくり印の体験をもたらしてくれるはずだ! 
《黒小恭介/イメージフォーラム》




Aプログラム !8 9作品 約40分

GREY HOUR ムラカミロキ/5分

さよならは私が覗く 宮川真一/5分

ちょうちょちょうちょ 三井彩紗/3分

ストロボ・フリッカー 南俊輔/3分

END OF PRAY 北澤宏昴/5分

Kodachrome 40 sound color movie film [2] 太田曜/3分

光 後藤貴志/5分

夜道に坐る 石川亮/5分

ほとり 松井摩利子/5分





Bプログラム !8 10作品 約40分

友人の仕事 日景明夫/5分

Linda/リンダ NAGAO/5分

愛の屑 鈴木章浩/3分

シーケンス 横江れいな

575  大川リサ/3分

京都小旅行 齊藤光平/6分

透馬のこと 七里圭/3分

お墓参り  阿部和浩/5分

愛讃讃  俊 /6分

水を飲んでいきる(8mm上映 ver) 早見紗也佳/3分





Cプログラム !!16 14作品 約35分

A・RA・SHI -hacker- ムラカミロキ

shadow 宮崎淳

Optical Synchro Sound Movie Film 太田曜

Sumie(印象Ⅱ) 川口肇

木綿たり/MOMENTARY 水由章

ドーミー 横尾千智

点景 飯田定信

Untitled  黒川通子

3760flame 徳永彩加

パンダウン 能登勝

時光剝落(Time Peeling Off) 許岑竹

グローコーマ<緑内障> 溝の口健二

Metanoia 石川亮

ねんね 早見紗也佳





※すべて2017年度制作、AおよびBプログラムは8ミリフィルム、Cプログラムは16ミリフィルム作品

※Cプログラムの各作品の長さは、すべて100フィート=約2分30秒


2018年1月27日(土) 14:00 A 16:00 B 18:00 C

2018年1月28日(日) 14:00 C 16:00 A 18:00 B


※各回上映後に、来場作家のティーチ・インあり



一般700円

会員500円

3回券1500円

※各回入替制

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『!フィルム機材バザー』
新たな生産がほとんどない、フィルムをめぐる機材の現場。
捨てるなんて持ってものほか。古きを上手に見つけて、
大事に磨いてあげるの が、フィルムで制作を続けていく秘訣です。
もちろん、機材や撮影に関する情報交換の場としても。
これから先のよき相棒が見つかるかもしれない
小さい機材バザーをプログラム 間で開催します。
※参加には上映プログラムの半券が必要となります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

イメージフォーラム・シネマテーク

会場:イメージフォーラム3F「寺山修司」

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-10-2

Tel: 03-5766-0116

www.imageforum.co.jp/cinematheque



主催:イメージフォーラム

共催:Spice films

協力:8mmFILM小金井街道プロジェクト

日本映像学会アナログメディア研究会

8ミリフィルム作品上映会 !8-exclamation8 in 谷根千 

!8-exclamation8 in 谷根千
 「日常の境界-Everyday Boundary +追加プログラム」


 2017年 6月18日(日) 15時30分~

!8postcard3-1.jpg


!8postcard3-2.jpg



2011年より定期的に続いている、8mmフィルムによる上映企画展「!8-exclamation8 」
今回は2017年5月にアメリカ ニューヨーク 〜 東京芸術大学千住キャンパスで上映された
「日常の境界-Everyday Boundary-」上映プログラムに追加プログラムを合わせて上映致します。




上映作品

「センター☆センター」徳永彩加 

「3分56秒のモラトリアム」ムラカミ ロキ 

「渋谷X」nagao 

「Park 4 Nicole」新宅 謙吾 

「新しい夜」清成晋太郎 

「あす、満ち欠ける」 宮本 尚昭・山 ミヤエ 

「CHimchee」新井潤峰 

「under current 」石川亮 

「おともだち」早見紗也佳 

「あおな」横江れいな 

「影をなめすと」日景文雄


※追加プログラム


「因果の手」門脇建路

「うごめき」三谷悠華

「short-term memory」三井彩紗

「8milli-on」ムラカミ ロキ


※8mmインスタレーション展示:阿部和浩



8ミリフィルム作品上映会

!8-exclamation8 in 谷根千 「日常の境界-Everyday Boundary-」

日 時: 2017年 6月18日(日) 15時30分~
会 場: 東京都 谷根千「記憶の蔵」
〒113-0022 東京都文京区千駄木5-17-3 谷根千〈記憶の蔵〉


yanesenmap.jpg




※¥500(資料代として)

※開場15時00分

※プログラムスタート
15時30分


【お問い合わせ】spicespicefilms@gmail.com



【主催】
spicefilms

【共催】
根津映画倶楽部
Web http://nezueigakurabu.blog42.fc2.com/
Twitter @nezueigaclub

【協力】
8mmFILM小金井街道プロジェクト
http://shink-tank.cocolog-nifty.com/perforation/

日本映像学会アナログメディア研究会

| NEXT>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。