スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8ミリフィルム作品上映会 !8-exclamation8 in 谷根千 

!8-exclamation8 in 谷根千
 「日常の境界-Everyday Boundary +追加プログラム」


 2017年 6月18日(日) 15時30分~

!8postcard3-1.jpg


!8postcard3-2.jpg



2011年より定期的に続いている、8mmフィルムによる上映企画展「!8-exclamation8 」
今回は2017年5月にアメリカ ニューヨーク 〜 東京芸術大学千住キャンパスで上映された
「日常の境界-Everyday Boundary-」上映プログラムに追加プログラムを合わせて上映致します。




上映作品

「センター☆センター」徳永彩加 

「3分56秒のモラトリアム」ムラカミ ロキ 

「渋谷X」nagao 

「Park 4 Nicole」新宅 謙吾 

「新しい夜」清成晋太郎 

「あす、満ち欠ける」 宮本 尚昭・山 ミヤエ 

「CHimchee」新井潤峰 

「under current 」石川亮 

「おともだち」早見紗也佳 

「あおな」横江れいな 

「影をなめすと」日景文雄


※追加プログラム


「因果の手」門脇建路

「うごめき」三谷悠華

「short-term memory」三井彩紗

「8milli-on」ムラカミ ロキ


※8mmインスタレーション展示:阿部和浩



8ミリフィルム作品上映会

!8-exclamation8 in 谷根千 「日常の境界-Everyday Boundary-」

日 時: 2017年 6月18日(日) 15時30分~
会 場: 東京都 谷根千「記憶の蔵」
〒113-0022 東京都文京区千駄木5-17-3 谷根千〈記憶の蔵〉


yanesenmap.jpg




※¥500(資料代として)

※開場15時00分

※プログラムスタート
15時30分


【お問い合わせ】spicespicefilms@gmail.com



【主催】
spicefilms

【共催】
根津映画倶楽部
Web http://nezueigakurabu.blog42.fc2.com/
Twitter @nezueigaclub

【協力】
8mmFILM小金井街道プロジェクト
http://shink-tank.cocolog-nifty.com/perforation/

日本映像学会アナログメディア研究会
スポンサーサイト

8ミリフィルム作品上映とミニシンポジウム 

8ミリフィルム作品上映とミニシンポジウム 日常の境界 
8ミリフィルムにおける個人制作の現在 

2017年5月20日(土)15時〜

4489.jpg


主催:東京芸術大学音楽学部音楽環境創造科毛利嘉孝研究室
協力:SpiceFilms
助成:武藤舞 音楽環境創造教育課研究助成金

日時:2017年5月20日(土)

15:00-15:15  イントロダクション 石川亮
15:15-16:15  フィルム作品上映
16:30-18:00  ミニシンポジウム「8ミリフィルムにおける個人制作の現在」
登壇者:石川亮、横江れいな、早見紗也佳他

場所: 東京芸術大学千住キャンパス(足立区千住1-25-1)スタジオA
参加費無料、予約不要
お問い合わせ:project5.8mm@gmail.com

概要:
2017年5月7日にニューヨークで日本の8ミリフィルム映像作家の作品の上映プログラム「日常の境界-Everyday Boundary-」が開催されます。この企画は、日本を拠点とする8ミリフィルム映像作家の作品を海外で紹介することを目的としたものです。今回は、このプログラムの上映後、プログラムのキュレーター石川亮氏と参加作家を交え、「8ミリフィルムの個人制作の現在」をテーマにミニシンポジウムを行い、デジタル化の現代においてほぼ使われなくなった8ミリフィルムという映像記録媒体とその作品の魅力を考えます。

上映作品

「センター☆センター」徳永彩加
「3分56秒のモラトリアム」ムラカミ ヒロキ
「SHIBUYA X」NAGAO
「Park 4 Nicole」新宅 謙吾
「新しい夜」清成晋太郎
「あす、満ち欠ける」 宮本 尚昭・山 ミヤエ
「CHimchee」新井潤
「under current 」石川亮
「おともだち」早見紗也佳
「あおな」横江れいな
「影をなめすと」日景 文雄

!8-exclamation8 in NY  「日常の境界-Everyday Boundary 」

!8-exclamation8 in NY
 「日常の境界-Everyday Boundary 」


2017年 5月7日(日) 19時00分~


ロゴに



日本では1965年に販売を開始したkodak「super8」のオルタナティブとして、
フジフイルムが販売した独自の規格、「single8」があります。

日本の8mm作家達は「single8」と「super8」2つの規格を使い分け独自に進歩を遂げてきましたが、
8mmフィルムでの制作は数年前から大きな変容を見せています。
「single8」の販売終了や正規の現像サービスが無くなった現在の日本では
自家現像やカートリッジの詰め替え、期限切れのフィルムを使った
8mm制作スタイルが多くなって来ました。

このプログラムでは、現在日本で定期的に8mmフィルムで
制作している作家達の作品を集めました。8mmフィルムでの制作が
厳しくなる一方でフィルムを知らない若手の作家にとっては 
ニューメディアとしての8mmフィルムが注目をされています。

新宅 謙吾の「Park 4 Nicole」は自身の家族を撮影し続けている
「ニコル」シリーズの一作で4重に重ねた多重露光によるアグレッシブなホームムービー。
清成晋太郎の「新しい夜 new night」は作者の夜への考察と光と影、
シルエットといった作者の美学が詰まった作品。
新井潤峰 の「CHimchee」は自身のルーツである韓国のキムチについての映画。
その他、全10作品を上映します。

「日常の境界〜Everyday boundary」と題した今回の上映では日常と
作家としての制作活動の境界 を行き来しながら作られた作品から、
日本の現代8mmシーンの断片を垣間みて頂けたらと思います。 石川亮



Program Title: Everyday Boundary
Programmer: Ryo Ishikawa

Fujifilm introduced Single 8 in 1965, as an alternative to Kodak’s Super 8, and Japanese filmmakers have been choosing one of them considering the uniqueness of each format. One of the biggest differences between these formats is that Single 8 film can be rewound as many frames as desired so that a filmmaker can create multiple layered images easily. However, Single 8 was never popular in other countries, so filmmakers in Japan developed a distinctive 8mm filmmaking style. Several years ago, Fujifilm ended the sales and support of Single 8, including processing services, and the scene of 8mm filmmaking in Japan has changed. Now, those who still prefer to use their Single 8 cameras shoot expired films and/or use a Single 8 cartridge with a film taken out from a Super 8 cartridge. While it is getting more difficult to make an 8mm film, some young filmmakers find it a fascinating new medium. Everyday Boundary is a program that showcases ten short films made by Japanese filmmakers who work with 8mm formats constantly. Each of them finds time in daily life to work on creative projects, crossing the boundary between day-to-day activities and artistic ones. I hope the audience would see a glimpse of today’s 8mm film scenes in Japan from this program. – Ryo Ishikawa





Ryo Ishikawa is a filmmaker based in Tokyo, Japan. He is a co-founder of !8 (Exclamation 8), which is a collective of filmmakers organizing screenings of 8mm films at various venues in Japan. He also has been organizing filmmaking workshops in Tokyo and other cities. He currently works at National Film Center (National Museum of Modern Art, Tokyo) in Kanagawa, Japan, inspecting films, especially small formats.

Naoaki Miyamoto is a photographer and filmmaker living in Tokyo. He studied filmmaking at Image Forum Institute of the Moving Image, and since then he has made several 8mm films, considering the art of moving image as an extension of photography.

Reina Yokoe, a senior at Tokyo University of the Arts, majoring in Musical Creativity and the Environment, started making 8mm films about a year ago. She is interested in analog media and she often uses expired films and does hand-processing for her projects.



「センター☆センター」徳永彩加
「3分56秒のモラトリアム」ムラカミ ヒロキ
「SHIBUYA X」NAGAO
「Park 4 Nicole」新宅 謙吾
「新しい夜」清成晋太郎
「あす、満ち欠ける」 宮本 尚昭・山 ミヤエ
「CHimchee」新井潤
「under current 」石川亮
「おともだち」早見紗也佳
「あおな」横江れいな
「影をなめすと」日景 文雄




Center★Center (Saika Tokunaga, 4 min., Super 8, 18fps, sound, 2011)

Moratorium 3'56" (Hiroki Murakami, 5 min., Single 8, 18fps, sound, 2012)

SHIBUYA X (NAGAO, 7 min., Super 8, 18fps, sound, 2017)

Park 4 Nicole (Kengo Shintaku, 2.5 min., Single 8, 18fps, sound, 2014)

New Night (Shintaro Kiyonari, 3 min., Single 8, 18fps, silent, 2011)

Tide (Naoaki Miyamoto & Miyae Yama, 5.5 min., Super 8, 18fps, sound, 2015)

CHimchee (Junhou Arai, 5 min., Super 8, 18fps, sound, 2012)

under current (Ryo Ishikawa, 5 min., Single 8, 18fps, sound, 2012)

Me and you are friends (Sayaka Hayami, 3 min., Super 8, 18fps, silent, 2017)

AONA (Reina Yokoe, 3 min., Super 8, 18fps, silent, 2017)

Tanning the film (Akio Hikage, 5.5 min., Single 8, 18fps, sound, 2012)




日 時: 2017年 5月7日(日) 19時00分~
会 場: USA NY
CPR Center for Performance Research361 Manhattan AvenueBrooklyn, NY, 11211United States



8ミリフィルム上映会 「明るい暗幕 」

小金井市公民館本館4階視聴覚室における最後の8ミリフィルム上映会                            
「明るい暗幕 」  


スクリーンショット 2016-03-12 11.56.15

                        
2016年3月31日をもって幕を閉じる小金井市公民館本館。 長年にわたり、そのスクリーンを照らしつづけてきた8ミリ フィルムによる、視聴覚室の最後を飾る上映会を開催します。            




日 時 : 2016年 3月 27 日 (日)  

場 所 : 小金井市公民館本館(福祉会館) 4階 視聴覚室



15:30- プロジェクト作品集
8 年 以 上 に わ た り 視 聴 覚 室 を メ イ ン 会 場 と し て 活 動 し て き た 8 ミ リ フ ィ ル ム 小 金 井 街 道 プ ロ ジ ェ ク ト 。そ の 常 連 メ ン バ ー 達 に よ る フ ィ ル ム 作 品 を 上 映 。        


16:20- 座談会
会 場 と な る「 視 聴 覚 室 」を テ ー マ に 5 人 の パ ネ リ ス ト が 、映 写 と 観 賞 、そ し て そ の 環 境 に つ い て 、フ ィ ル ム 、作 品 制 作 等 の 視 点 を 交 え つ つ 語 り 合 い ま す         


17:00-!8作品集 by Spice Films
視聴覚室から羽ばたいた映像作家集団・スパイスフィルムスとその仲間が、こ れ ま で の 上 映 会「 ! 8 」か ら 選 び 抜 い た 作 品 群 を も っ て 、最 後 の 凱 旋 上 映 。                  


19:00-交流会
視聴覚室の灯りが消えるまで雑談、映写。
持 ち 込 み 歓 迎 。映 写 機 G S 1 2 0 0 も 退 出 。


●上映作品はすべて8mmフィルムで、8mm映写機による映写となります 

Spice Films
8mmFILM小金井街道プロジェクト

作品▼
●上映順、作品は変更となる場合があります


15:30- プロジェクト作品集

吸光吐光
2008年/ 3分/ single8
清成 晋太郎

12月の便所コオロギ
2005年/ 3分20秒
竹中 勇

(奈良駅とその周辺)
1962年頃/ 8分/ Regular8
作者不明 *寄贈フィルム

「タイトル未定」
5分
A.

「小金井公園スケッチ’85夏」2次カット分 ラジオ体操 
1985年/ 7分/ super8 
大井 優

家族の記録(小金井公園 1981年)
1981年/ 3分20秒/ single8
堀江 武

またがるニコルのダイナミズム<試作版>
2013-2016年/ 5分/ single8
新宅 謙吾

など



17:00- !8作品集 by Spice Films

影をなめすと
2012年/ 5分/ single8
日景 文雄

ひかりつむぎ
2012年/ 3分/ single8
黄木 可也子

あす、満ち欠ける
2015年/ 5分40秒/ super8
宮本 尚昭・山 ミヤエ

馴化
2011年/ 7分/ super8
水野 裕基

8milli-on
2015年/ 5分/ single8
ムラカミ ヒロキ

睡耀棲
2012年/ 3分/ super8
黄木 優寿

はじめての上映会
2012年/ 5分/ single8
白岩 義行

煙の夢は
2012年/ 3分/ single8
小畑 円香

For Life 三部作「梅」「竹」「松」
2012年/各3分/ super8
新井 潤峰

来し方行く末
1966-2012年/ 5分/ single8
石川 亮





この場所で8mmFILM小金井街道プロジェクトをはじめて9年になる。今回の上映会場でもある視聴覚室に、毎月一度集まり、映写室から映写機と映写台を引っぱり出してきては、参加者が持ち寄った8ミリフィルムを順々に映写・観賞してきた。この視聴覚室のある建物の説明はかなりややこしく、建物自体は5階建ての小金井市福祉会館という名で、その3・4階に小金井市公民館があるという複合施設で、視聴覚室は4階の一角を占めている。国分寺崖線の上に立つので、バルコニーからの展望は素晴らしくいいのだが、会合をしている時は遮光しているので、日曜のうららかな日和でも、実際の風景を楽しむことはなかった。でも代わりに、AURORA社製のスクリーンに映し出された持ち寄られた8ミリフィルムの映像で、ぼくらは日本中、世界中の風景を時を超えて観ることができた。来る人を拒まないし、茶の一杯も出さない。だが、いまどき希少な映写機GS1200で鑑賞しているからか、月に一度の会合では多くの人がこの視聴覚室の木製ドアを押し開くべくやってきた。中央線沿線からは言うに及ばず、都内近郊からも、わざわざ関西や北陸から日時を合わせてやってくる若者もあった。そんな彼らに、挨拶もほどほどにぼくらが繰り出すひと言は決まって「何かフィルムはお持ちですか?」であった。もてなすことよりも、そんな方が撮った8ミリフィルムを観たかったのだ。
視聴覚室は、全館閉館に伴い、2016年3月31日をもって閉じられる。以降、映写機の明かりが灯ることは無い。
わたしたちのサークルは、まさにここで生まれた。今回の上映会開催を薦めてくれたスパイスフィルムス石川氏ともこの部屋で知己を得た。
古い暗幕からは隙間風のように日差しがこぼれて遮光もままならない一室ではあったが、GS1200の明るさをここに再び見ることがないと思うと感極まるものがある。ありがとう、視聴覚室。おつかれさま、公民館本館。感謝の気持ちをフィルムに託し、“最後”と銘打って上映会を開催します。ならば、ぼくらのサークル活動もここまでか……と思いきや(ここまで熱く語っておきながら)、ササッと場所を変え、続けていきます。あしからず。
8mmFILM小金井街道プロジェクト 
新宅 謙吾

アナログメディアの研究 フィルム作品上映とシンポジウム

アナログメディアの研究 フィルム作品上映とシンポジウム



5月10日 金曜日 18時00分~

阿佐ヶ谷美術専門学校

東京メトロ丸ノ内線新高円寺駅下車徒歩3分

住所:166-0011東京都杉並区梅里1-3-3 TEL.03-3313-8655

http://www.asabi.ac.jp/access.php


入場無料

上映作品
☆ 8mm FILM プログラム 約50分 ☆
森岡千織 「リンスインシャンピー」5分
新井潤峰 「forlife~梅竹松」10分
清成晋太郎 「のがれゆくこころ」7分
石川亮 「undercurrent」5分
ムラカミヒロキ「活<断荘」5分
田中可也子「ひかりつむぎ」 3分
日景 明夫「影をなめすと」6分
古里麻衣「眼包み」5分
徳永彩加「センター×センター」 3分

☆ 16mm FILM プログラム 約50分 ☆
水由章「水光色」7分
西村智弘「青い歩道橋」7分
末岡一郎「Ein Sommer in Deutschland」7分
宮崎淳「BORDER LAND」15分
太田曜「根府川」6分
伊東隆介「当映画館にて上映されます」5分
大島慶太郎「blur」6分

☆ シンポジウム ☆
波多野哲朗(映像研究/映像作家)
水由章(実験映画/プロデューサー)
末岡一郎(実験映画)
太田曜(実験映画)

共催  :映像表現研究会(日本映像学会)代表 伊奈新祐、
     :アナログメディア研究会準備会 (日本映像学会)代表 太田 曜
連絡先 :阿佐ヶ谷美術専門学校内 TEL.03-3313-8655 末岡一郎

| NEXT>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。