実験映画を観る会 VOL-7 清成晋太郎,新宅謙吾,石川亮 作品特集上映

実験映画を観る会 VOL-7
8ミリフィルム小金井街道プロジェクト清成晋太郎&新宅謙吾、
SPICE FILMS 石川亮 作品特集上映


ttt.jpg


日時:2024年1月21日 日曜日 14時から

スケジュール
13時45分開場
14時00 〜 16時30分 上映 解説
16時30分〜 16時45分 休憩
16 時45分 〜 17時30分 トーク 石川亮 ・清成晋太郎・新宅謙吾・& 質疑応答、進行 南俊輔
実験映画を観る会は、フィルムで制作された実験映画をフィルムで上映することをコンセプトに、これまで6回行ってきた。第7回目は、映像作家,SPICEFILMS主宰 石川亮 & 8ミリフィルム小金井街道プロジェクトの清成晋太郎、新宅謙吾作品の上映。全て8mmフィルムで作られた作品で、8ミリフィルム映写機で上映。上映と作家による解説、清成晋太郎、新宅謙吾、石川亮とのトーク&質疑応答が予定されている。



【新宅 謙吾】
8作品 23分
●芝生のニコル 2009年 3分30秒 2 Tracks Single-8 
●多摩川のニコル 2012年3月 3分 silent Single-8
● I Have A Pen 2009年12月 2分 Single-8
●Park 4 Nicole 2014年 2分30秒 24fps 2 Tracks Single-8
●5つのめくばせ 2007年春 3分 silent Single-8
●Soundless Bound 2007年 1分47秒 silent Single-8
●Asphalt River 2007年 3分 Single-8
●Sound Out 2012年11月 2分50秒 Single-8 音あり
プロフィール 新宅 謙吾 1974年東京生れ。小金井市在住。 1993年、中央大学で映画研究会に所属したが、一本も制作せず。 2000年、東京都写真美術館で山崎幹夫監督のフィルムワークショップに参加。ヤフオク!で8ミリカメラなどを物色しはじめる。 2007年、小金井市公民館で水由章、太田曜によるフィルム講座に参加。フジカZ450を手に入れ、2013年のフジフイルムの柴崎工場の現像が終わるまで、断続的に撮り続ける。 主要モチーフは、息子。ほとんどコマ撮りで、スプライサーによる編集が好物。

【清成晋太郎】
5作品+パフォーマンス 24分+10~15分ぐらい
●新しい夜(2011 / 3分 / single / サイレント )
●鬼火(2011 / 8分 / single / サイレント)
●みえない戦争(2012 / 5分 / single / サイレント)
●のがれゆくこころ(2012 / 5分 / single / サイレント)
●WAR2(2018 / 3分 / super / サイレント)
●+フィルム作品上映と映写機演奏パフォーマンス   (10~15分ぐらい)
プロフィール 清成晋太郎 小金井で行われた8mmフィルムワークショップへの参加をきっかけに、2007年より主に多重露光を使って8mmフィルムでホームムービー作成を開始。ロックバンドSekifuに参加中。

【石川亮】
10作品 36分
●Radetzky-Marsch (2011 / 3分 / single8 / サウンドマグネ)
●on the shore (2011 / 3分 / single8 / サウンドマグネ)
●Under current (2011 / 5分 / single8 / サウンド)
●Drift (2012 / 4分 / single8 / サウンド)
●GROW (2013 / 5分 / single8 / サウンド)
●春光呪詛 (2015 / 5分 / super8 / サウンド)
●夜道に坐る (2018/ 3分 / single8 / サウンド)
●Doors (2019/ 3分 / single8 / サウンド)
●Signify (2019 / 5分 / single8 / サウンド)
プロフィール 石川亮 映像作家、フィルム技術者 新宿ミラノ座で映写、東京国立近代美術館フィルムセンターで小型映画の調査及び映写を担当。東京国立近代美術館「Re:play 1972/2015-「映像表現 ’72」展で8ミリフィルムの複製・現像を担当。 8ミリフィルム作品の上映企画「!8-exclamation8」や、自家現像ワークショップを企画・運営しているSpice Films主宰。ドイツ、アメリカ、韓国など国内外で上映多数。近年は東京都美術館や東京都写真美術館などで、インスタレーション作品の展示をおこなっている。 http://spicefilm.blog.fc2.com


上映場所:小金井市中町天神前集会所   
〒184-0012 東京都小金井市中町1丁目7-7
https://www.mapion.co.jp/phonebook/M13007/13210/21331137107/
武蔵小金井駅南口から徒歩約14分
参加は予約制です。予約フォームにご記入ください。
https://forms.gle/73B6TtvKWy63jpCV7
上映作品の詳細なども研究会face book twitter にアップ予定

参加資料代千円(当日現金でお支払い下さい)



主催:
日本映像学会 アナログメディア研究会
https://www.facebook.com/ana...//twitter.com/analogmedia2022...
8ミリフィルム小金井街道プロジェクト
http://shink-tank.cocolog-nifty.com/...//twitter.com/8mmfkkp

七里圭監督『時を駆ける症状』上映会 in 熱海♨︎

8ミリフィルムワークショップは定員になりましたが...
七里圭監督が16歳の時に8ミリフィルムで制作した
処女作『時を駆ける症状』を特別上映。

時かけ


11月11日(土)19:00〜

七里圭監督『時を駆ける症状』上映会


●開催場所: Atelier&Hostel ナギサウラ
(静岡県熱海市渚町19-6)
https://nagisa-ura.net/


●特別上映作品
「時を駆ける症状」(1984 年/24 分/8 mm) ※デジタル上映
七里圭の高校時代に制作した処女作。第 8 回 PFF に入選し大島渚に激賞された。 突然、人間の体が点滅を始め、それが段々早くなり消滅する奇病が全国に蔓延。対策として踏み台昇降運動が奨励される。自己の存在の意味と没個性社会への問いかけが、踏み台を昇降する機械的な運動のリフレインによって描かれる。


●監督
七里圭(しちり・けい)

1967 年生まれ。『のんきな姉さん』、短編『夢で逢えたら』(ともに 2004)で監督デビュー。その後、声と気配で物語をつづる異色作であり、代表作でもある『眠り姫』(2007/ サラウンドリマスター版 2016)を発表。一方で、建築家と共作した『DUBHOUSE』(2012)が国際的な評価を得る等他ジャンルアーチストとのコラボレーション作品も多 く、「音から作る映画」プロジェクト(2014~2018)、舞台上演「清掃する女」(2019)など 実験的な映画制作、映像パフォーマンスも手掛ける。2017 年、山形国際ドキュメンタリー映画祭インターナショナル・コンペティション審査員。2019 年より多摩美術大学非常勤講師を務めている。





tokiwo3.jpg




ご質問等何かありましたらお問合せ下さい。
担当: 熱海シネマ
atamicinema@gmail.com

主催: 熱海シネマ

協力: PROJECTATAMI実行委員会

【8ミリフィルム制作ワークショップ/3 分 20 秒の熱海】開催 (ATAMI ART GRANT2023 参加企画)


【8ミリフィルム制作ワークショップ/3 分 20 秒の熱海】
   (ATAMI ART GRANT 2023 参加企画)

※定員になりましたので、受付終了致しました!
insta用-2



熱海の街を映す8ミリフィルムの制作ワークショップを開催します。
〜カメラの使い方・撮影・現像まで、8ミリフィルムの世界を1 泊 2 日で体験します。
また、ワークショップで撮影した作品は、11/18〜12/17 まで開催される
《ATAMI ART GRANT 2023》にて展示・上映いたします。
https://atamiartgrant.com/

ワークショップ+展示・上映まで含むとても貴重な機会となっています。
レトロな街並みが残る熱海を、フィルムカメラとともに巡りましょう。
また、今回スペシャルゲストとして映画監督の七里圭さんが来熱します。
ワークショップ初日には、監督が16 歳の時に8 ミリフィルムで制作した処女作『時を駆ける症状』を特別上映。

8ミリフィルムの世界へと浸かる 2 日間へ、是非お越し下さい
-----
●開催日:
11/11(土)10:30 〜
11/12(日)10:00 〜18:00 終了を予定
※遠方参加の方は宿泊場所については各自での確保をお願いいたします。
(会場近隣のお宿ご紹介できます)

●開催場所: Atelier&Hostel ナギサウラ(静岡県熱海市渚町19-6) 2日間
https://nagisa-ura.net/

●参加費: 18,000 円(税込)
(8 ミリカメラ機材レンタル代・フィルム代・現像代・デジタル化 手数料すべて含む)
※トライ-X(モノクロフィルム) 1 カートリッジ(3 分 20 秒撮影可能)を使用
※各自の撮影したフィルムは ATAMI ART GRANT 2023 展示期間終了後(12/17 以降)、 デジタルデータとともにご返却となりますのであらかじめご了承下さい。

●募集人数: 10組(1組2名まで ※ご相談下さい)
※2名で参加の場合も参加費は合計で 18,000 円となります。
ただし、1 組につきフィルム 1 本、カメラ 1 台のみのお渡しとなります。
1 名でのご参加ももちろん歓迎です。
フィルムに馴染みのない、若い世代に参加いただけるとうれしいです!
※申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。
※未成年者で参加ご希望の際はご相談下さい。

★応募方法

★2023年10月1日(日) PM12時〜より募集を開始します♨︎


定員になりましたので、受付終了致しました!
次回開催をお楽しみに!


-------

※参加者決定後、事前のオンラインミーティングを開催予定です。

タイムスケジュール(都合により変更となる場合があります)

《1日目》
11 月 11 日(土)10:30〜
・8 ミリフィルムってなに?
・参考作品上映〜自由で多彩な“個人映画”の世界
・8 ミリカメラの使い方、カメラ貸し出し
講習終了後、各自撮影(自由行動)

19:00〜七里圭監督『時を駆ける症状』上映会
(ワークショップ参加者は無料/一般参加可※詳細は追ってお知らせします)

《2日目》
11 月 12 日(日)10:00〜18:00(休憩含む)
・自分で現像してみよう!
・みんなの作品上映発表会

《展示》
11/18から12/17 まで開催される
《ATAMI ART GRANT 2023》にて展示・上映


-------
●講師: Spice Films
東京を拠点に、フィルム作品の上映会企画やワークショップ、イベントの開催など、幅広いフィルム活動を続ける若手作家集団。

-------
●ゲスト監督: 七里圭(しちり・けい)
1967 年生まれ。『のんきな姉さん』、短編『夢で逢えたら』(ともに 2004)で監督デビュ ー。その後、声と気配で物語をつづる異色作であり、代表作でもある『眠り姫』(2007/ サラウンドリマスター版 2016)を発表。一方で、建築家と共作した『DUBHOUSE』 (2012)が国際的な評価を得る等他ジャンルアーチストとのコラボレーション作品も多 く、「音から作る映画」プロジェクト(2014~2018)、舞台上演「清掃する女」(2019)など 実験的な映画制作、映像パフォーマンスも手掛ける。2017 年、山形国際ドキュメンタ リー映画祭インターナショナル・コンペティション審査員。2019 年より多摩美術大学非 常勤講師を務めている。



時かけ
●特別上映作品: 時を駆ける症状(1984 年/24 分/8 mm) ※デジタル上映
七里圭の高校時代に制作した処女作。第 8 回 PFF に入選し大島渚に激賞された。 突然、人間の体が点滅を始め、それが段々早くなり消滅する奇病が全国に蔓延。対策として踏み台昇降運動が奨励される。自己の存在の意味と没個性社会への問いかけが、踏み台を昇降する機械的な運動のリフレインによって描かれる。
-----

ご質問等何かありましたらお問合せ下さい。
担当: 熱海シネマ
atamicinema@gmail.com

主催: 熱海シネマ

協力: PROJECTATAMI実行委員会

協賛: コダック ジャパン





「さわれるシネマ ~8ミリフィルムカメラで撮影と現像をしてみよう~」

「さわれるシネマ ~8ミリフィルムカメラで撮影と現像をしてみよう~」
※参加募集は締め切りました

川崎WS



昔の道具「8ミリフィルムカメラ」を使って短い動画を撮影します。参加者自身で現像液を使ってフィルムを撮影し、映写機を使って上映会を行います。

https://www.kawasaki-museum.jp/event/28186/

開催日 8月6日(日)10:00 ~ 14:00 / 8月11日(金・祝)
①9:45 ~ 14:00 ②14:45 ~ 17:00
対象 小学3年生~中学生までの児童・生徒とその保護者
定員 9組(申込多数の場合は抽選、1組4名まで応募可)
会場 川崎市大山街道ふるさと館 3階会議室
講師 石川 亮(映像作家)、南 俊輔(美術作家)
申込期間 2023年6月23日(金)10:00 ~ 7月18日(火)16:00
※薬品(現像液)を使用する作業がございますので、必ず保護者の方も一緒にご参加ください

詳細・申込はこちら▶https://www.kawasaki-museum.jp/event/28186/
※参加募集は締め切りました

東京都写真美術館 TOPコレクション 何が見える? 「覗き見る」まなざしの系譜

東京都写真美術館 TOPコレクション 何が見える?「覗き見る」まなざしの系譜
2023.7.19(水)—10.15(日)


写美1
写美2


今回もキネトスコープの中に入っている35mm作品「かもめ」を展示しています。
8月19日には映画のはじまり体験ワークショップ
9月9日には今回、キネトスコープやキノーラの修復、復元を一緒に作業した
映像作家の南俊輔さんとギャラリートークもあります。
夏休みの思い出にぜひ、、、



https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-4536.html

開催期間:2023年7月19日(水)~10月15日(日)
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館)
料金:一般 700(560)円/学生 560(440)円/中高生・65歳以上 350(280)円  ※( )は有料入場者20名以上の団体、当館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引料金 / 小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害者手帳をお持ちの方とその介護者(2名まで)年間パスポートご提示者は無料/第3水曜日は65歳以上無料/ 7月20日(木)- 8月31日(木)の木・金17:00-21:00はサマーナイトミュージアム割引(学生・中高生無料/一般・65歳以上は団体料金)※各種割引の併用はできません。

関連イベント
映画のはじまり体験ワークショップ【事前申込】
2023年8月19日(土) 11:00~12:30  ※定員に達したため受付終了
2023年8月19日(土) 14:30~16:00
幻灯機やフィルム映写機など色々な映像装置を体験しながら、プラクシノスコープでアニメーション作りをおこないます。
講師|郷田真理子(フィルム技術者)
会場|東京都写真美術館1階スタジオ
参加費|無料
定員|各回とも20名 *事前申込制、先着順
体験時間|90分程度
対象|小学生以上(大人のみの参加も可能です) *小学2年生以下は必ず保護者とご参加下さい。小学3年生以上は子供のみの参加も可能です。保護者同伴で未就学児童の入場も可能です。

プログラムの詳細および申し込み方法はこちら
出品作家によるアーティストトーク
2023年9月9日(土) 14:00~15:30 石川亮(出品作家)、南俊輔(映像作家)
2023年10月15日(日) 14:00~15:30 伊藤隆介(出品作家)、ほかゲストあり
会場:東京都写真美術館1階スタジオ
参加費:無料
定員:各回とも40名(整理番号順入場/自由席)
※当日12時より1階総合受付にて整理券を配布します。

| NEXT>>